耐熱ガラス

耐熱ガラス板(テンパックス・ネオセラム・バイコール)

耐熱ガラスの販売サイトはこちら

耐熱ガラスとは?

 耐熱ガラス(たいねつがらす)とは、熱膨張率を下げて、急激な温度変化を加えても割れないよう強化したガラスのこと。ビーカーなどのガラス製理化学機器やガラスポットなどの耐熱調理器具の材料に広く用いられています。
 パン窯などの覗き窓に使いたいという方もいらっしゃいました。
 お風呂場やキッチンにガラスを使用したい!など急激な温度変化のある場所に最適のガラスです。当

耐熱ガラスは何によく利用されるの?

耐熱ガラスの使用例として、当社で一番多いのが薪ストーブのガラスの修理です。また、パン釜や工場の釜の覗き窓に使われることも多いです。

耐熱ガラスの耐熱温度は?

耐熱ガラスの耐熱温度はガラスの種類によって違います。 

耐熱ガラスの種類 最高使用温度 常温使用温度
テンパックス 500℃ 450℃
ネオセラム 700℃ -※1
バイコール 1200℃ 900℃
ネオセラムは700℃を超えると、変質するため常温使用温度は分かりません。700℃未満でお使い下さい。

最高使用温度・常温使用温度ってなんですか?

最高使用温度は、短時間のみ使用できる温度で、一瞬であれば、この温度まで耐えることが出来ます。また、常用使用温度は、連続して使用することが出来る温度で、この温度までであれば、連続して過熱しても大丈夫だといえる温度です。

耐熱ガラスは水で急激に冷やしても割れませんか?

耐熱ガラスでも急激な温度変化には耐えることが出来ません。どのくらいの温度変化なら大丈夫か示す温度を耐熱衝撃温度といいます。耐熱衝撃温度とは表の温度から0℃に急冷した場合に割れずにすむと考えられる数値です。ガラスは熱伝導率が低い(熱が伝わりにくい)ため、板厚が熱くなるほど表面と内部の温度差が生じて割れやすくなります。なお、ネオセラムは熱膨張係数が限りなく0に近いため、熱衝撃による割れに非常に強いです。但し、700℃を越えるとガラスが変質してきます。

耐熱ガラスの種類 厚み 耐熱衝撃温度

普通ガラス

3mm 65℃
6mm 50℃
9mm 35℃
テンパックス 3mm 180℃
6mm 150℃
9mm 100℃
ネオセラム 3mm 700℃
6mm 700℃
9mm 700℃
バイコール 3mm 800℃
6mm 800℃
9mm 800℃

※熱衝撃温度とは表の温度から0℃に急冷した場合に割れずにすむと考えられる数値です。表の温度を超えてから0度に急激に冷やすと割れます。

薪ストーブの窓ガラスに使いたいのですが、500℃タイプで割れませんか?

薪ストーブは通常200℃ぐらいで使われる方もいらっしゃるかもしれませんが、空気を送る量や、薪の状況などで激しく温度が変化します。
まれに、テンパックス(500℃タイプ)を薪ストーブに使われた方が熱割れしたケースがありますので、薪ストーブの覗き窓に使われる場合はネオセラム700℃タイプをお薦めします

耐熱ガラスの価格は?

耐熱ガラスといっても3種類あります。その種類によって価格が違います。

耐熱ガラス【テンパックス】 最高使用温度500℃タイプ (5mm)参考価格
~20cm ~90cm ~180cm
~30cm 通常6,100円
~5,460円
通常20,000円
~18,060円
通常34,200円
~28,980円
~60cm 通常9,600円
~8,400円
通常34,200円
~28,980円
通常60,100円
~45,360円
~90cm 通常13,500円
~12,600円
通常52,000円
~38,850円
通常106,240円
~68,040円
耐熱ガラス【ネオセラム】 最高使用温度700℃タイプ (5mm)参考価格
~20cm ~40cm ~80cm
~10cm 通常4,200円
~3,990円
通常8,120円
~7,980円
通常15,200円
~11,760円
~30cm 通常12,100円
~8,190円
通常21,400円
~15,750円
通常41,010円
~29,400円
~60cm 通常21,400円
~14,700円
通常41,010円
~31,500円
通常82,000円
~51,240円
耐熱ガラス【バイコール】 最高使用温度1200℃タイプ (5.5mm)参考価格
~5cm ~15cm ~30cm
~10cm 通常13,500円
~10,710円
通常45,000円
~22,050円
通常74,600円
~44,100円
~20cm 通常24,100円
~16,800円
通常74,600円
~52,920円
通常171,000円
~92,610円
~30cm 通常45,000円
~22,050円
通常125,200円
~67,200円
通常258,000円
~132,300円
もっとお得に!※枚数に応じて安くなりますので、お見積、ご相談下さい。

その他の厚み、サイズの価格は、
耐熱ガラスのお見積もりはこちら!

耐熱ガラスは普通のガラスと色が違うのですか?

耐熱ガラスは、通常のガラスと色が違いますのでご注意ください。

通常のガラス 500℃タイプ 1200℃タイプ 700℃タイプ
緑がかった透明 ほぼ無色透明 あめ色(茶色)

耐熱ガラス700℃タイプ(あめ色)(写真左)と、通常のガラスの色を比べてみました。
白い紙上では、色が濃く見えますが、透かしてみてみればこのぐらいの違いです。

耐熱ガラスの厚みの種類や、製作できる最大サイズは?

耐熱ガラスは種類によって、厚みの種類も違います。

耐熱ガラス500℃ テンパックス
厚み サイズ
0.7mm 85cm×115cmまで
1.1mm 85cm×115cmまで
1.75mm 85cm×115cmまで
2mm 85cm×115cmまで
2.75mm 85cm×115cmまで
3.3mm 85cm×115cmまで
3.8mm 85cm×115cmまで
5mm 170cm×230cmまで
6.5mm 85cm×115cmまで
8mm 170cm×230cmまで
10.2mm 85cm×115cmまで
12.2mm 85cm×115cmまで
13mm 85cm×115cmまで
15mm 85cm×115cmまで
20mm 85cm×115cmまで
耐熱ガラス700℃ ネオセラム
厚み サイズ
3mm 60cm×80cmまで
4mm 60cm×80cmまで
5mm 90cm×240cmまで
8mm 90cm×240cmまで
耐熱ガラス1200℃ バイコール
厚み サイズ
3mm 30cm×30cmまで
5.5mm 30cm×30cmまで
8.5mm 30cm×30cmまで
10mm 30cm×30cmまで
12mm 30cm×30cmまで

耐熱ガラスは強化ガラスに出来ますか?

テンパックスのみ強化加工が可能です。強化加工後は、穴開けや切断などすべての加工が出来なくなりますので、穴あけなどは強化加工前にご依頼下さい。

耐熱ガラスは穴開けや切断は出来ますか?

テンパックス、ネオセラム、バイコールのすべてが切断および穴開け可能です。カットはガラスカッターで行えます。ただし、強化ガラス加工をした場合(テンパックスのみ)は穴開け、切断が出来ません。 穴開け加工等ある場合は、強化加工前にご依頼ください。

耐熱ガラスのお見積もりはこちら

ガラスの種類一覧に戻る

Copyright (C) オーダーガラス板.COM All rights reserved.